2014年11月20日木曜日

痩せる歩き方?

歩幅を足幅一つ分くらい広げた1.3倍の大股ダイ エットの効果を5つご紹介します。

◆下半身引き締め

ウォーキングは本来、下半身の引き締めに大きな 効果を発揮します。いつもより1.3倍大股を心が けることで、下半身の引き締め度も、上がりそう ですね。

◆上半身引き締め

1.3倍大股にすることで、歩く動作で上半身の筋 肉をより使うようになります。特に腹筋・脇筋・ 背筋は、足を大きく踏み出す度にウエストがひね られることで使用され、女子にとって嬉しいクビ レを作り出してくれます。

◆むくみ予防

大股歩きによって、第二の心臓と呼ばれるふくら はぎの筋肉がより効果的に働きます。

そのため、足先にたまりがちな体内の水分がきち んと心臓へと送り返され、むくみの発生を予防し てくれます。冷え性の解消にもつながります。

◆姿勢矯正

試しに大きな一歩を踏み出してみてください。背 中が少し後ろに反ってまっすぐに伸びませんか? 猫背のままだと、歩幅を大きく取るのが難しいの です。

1.3倍の大股歩きを繰り返すことで、自然と猫背 が矯正されて、姿勢がよくなります。

◆消費カロリーアップ

普段の30分ウォーキングでは筋肉痛を起こさな い人も、歩幅を1.3倍にすれば、同じ30分の ウォーキングでも筋肉の張りや痛みを感じる可能 性が高くなります。

それだけ、運動量が多いということですね。当然 消費カロリーも増え、日頃のダイエットにプラス になるのはもちろん、食べすぎた分・飲み過ぎた 分の解消にも効果的です。

いかがでしょうか?

ヒールなどの歩きにくい靴ではおすすめできませ んが、どうせ歩くなら、いつもより少し大股を心 がけてみましょう。少しの意識でダイエット効率 がグっとアップする痩せ体質に変身できますよ。
livedoor参照

0 件のコメント:

コメントを投稿