2014年11月17日月曜日

冷たくなっちゃった体をしっかり温めて くれる入浴方法

年11月17日 11時0分

冬になるとちょっと外に出ただけでも、

が凍えるように冷えちゃいますよね。通勤も電車 の中は暖かいものの、足元は冷たく体の芯を冷や してしまいます。

てあげると、血行も良くなり体もぽかぽか。

間違えた入浴方法をしてしまうと、

しまったり、逆に温めすぎになることも。

とした入浴方法で芯から体を温めてあげましょ う。

毎日絶対お風呂に入るべき 女優さんやモデルさんは、絶対に毎日少しでも入 浴をしています。

いものです。入浴をすることで、血液の流れをよ くしてくれるので、顔色も明るくなり疲れも取り 除けます。

穴が開いて汚れも落ちやすくなりますよ。

て、何よりもお湯の中にいるだけでリラックス効 果を実感できます。実際に温かい湯船の中にいる と、

日のストレス解消法にもなります。

しっかり芯まで温めるには 身体が冷えていると、熱いお湯につかりたくなる かもしれませんが、

お勧めできません。入浴はなるべく10分から20 分は浸かるのがベストです。

いお湯につかると長く入っていられないですよ ね。また、熱すぎると皮膚への影響も懸念されま す。だいたい冬場は40度くらいがベストでしょ うか。

がほてりすぎないちょうど良い温度かと思いま す。 10分から20分ほどお湯に浸かっていると、体の 表面だけでなく、皮膚の内側の脂肪や筋肉まで温 まったのを感じられるはずです。体の内側は、急 激には温まらずにゆっくりと熱を吸収していくの で、急激に体を温めても芯は冷えたままです。 ゆっくり湯船に浸かってじわじわと体の芯まで温 めてあげましょう。

くると、

水分補給を忘れずに お風呂に入ると思った以上に汗をかきます。湯船 に浸かる前に水分を補給しましょう。

合った飲み物を飲むことがお勧めです。体を冷や さないように、

もし疲れがひどい場合にはレモンを絞ったり、

ポーツドリンクなどを薄めて飲むと、疲れが取れ やすくなりますよ。水分を補給してからお風呂に 入ることで、体内にあった不要なものを排出し、 代謝を高めてくれます。

補給をして、体内の水分バランスを整えてあげま しょう。

お風呂に入ってもカロリー消費にはならない お風呂に入ってたくさん汗をかけばカロリーが消 費する!

に行われません。体の体温を上げてカロリー消費 しやすい身体にしてくれるので、

とは良いのですが、汗をいっぱい出したからと 言って、

せん。汗の出しすぎは水分不足になり、

の乾燥を招きます。

が減っているのは、

く、汗が流れてしまっただけ。水分不足にならな いようにお風呂から出たら水分補給をしましょ う。
livedoor参照

0 件のコメント:

コメントを投稿