2014年6月23日月曜日

黄金の扉を開く 賢者の海外FX投資術 [単行本]

新品価格
¥1,728から
(2014/6/23 19:59時点)
本邦初! 海外FX指南書が登場

日本より断然稼げるハイレバの魅力。
話題のソーシャルトレードで稼ぐ! 
著者公開の「相関性アービトラージ」ででっかく賢く儲けろ! 

英語が苦手でも大丈夫! 優良海外業者の選び方・サービス内容、
海外口座の開き方、気になる税金のことまで、
海外FXで超スピードで稼ぎ続ける著者がこの1冊で詳解! 

本書読者限定! 著者オリジナル自動売買ソフトのダウンロード特典付き! 


◎規制が強まりハイパフォーマンスが狙えなくなり魅力が薄れた日本のFX取引
2011年8月から国内FXは、金融庁によるレバレッジ規制により最大25倍までとなった。
せっかくアベノミクスで円安・株高の傾向となり、再びトレーダー(口座数)が増えているが、
以前のようなハイパフォーマンスが狙えないこと、規制の強さによるサービスの悪さも相まって、多くのトレーダーの不満となっている。

◎海外FX会社へ乗り換える人は増えるも情報が錯綜している
一方、海外のFX会社では100倍以上の高レバレッジをかけることができるため、
国内での規制のない時代同様、ハイパフォーマンスを狙うことが可能。
また、日本ほど強い規制もないため、投資情報の提供などトレーダーへのサービスは充実しており、
海外のFX口座を開設する人が増えている。
しかしながら、海外のFX会社は玉石混淆で、たとえばサーバが安定せず思うようにトレードができなかったり、
そもそも日本語の対応サービスがない会社もあったりと、せっかく魅力的な海外に目を向けても、
何かしら不安がつきまとい、海外口座開設まで踏み出せない人がいるのも現状。
それゆえトレード仲間の情報サイト等で、不確かな情報をつかまされることも多く、
海外会社でのトレード実績のあるプロによる確かな情報が望まれている。

◎海外FX取引経験豊富な著者が教えてくれるハイレバ派向けの賢いFX投資術
この本は、証券会社等での資産運用経験が豊富で、プロのトレーダーとして、
とくにFXでは海外会社との豊富な取引を通じてそのメリット・デメリットを知り尽くした著者による、
海外FXを初めて行うトレーダー向けの投資のノウハウ本(本邦初)。
海外FX会社の選び方、主要FX会社の特徴(ユニークなサービス)などを詳しく紹介。
また、各会社のユニークなサービスに応じた独自の取引手法も紹介し、
たんに高レバレッジを狙うだけではない海外会社ならではの賢いトレード手法も紹介。

著者について

榊原 卓丸(さかきばら たくまる)
1977年生まれ。大分県出身。
関西学院大学卒業後、新光証券(現みずほ証券)を経て、株式会社ディーネット代表取締役として著名投資家の資産運用業務を担当。
ファンド関係者など様々な業界人脈を築く。同社代表取締役を辞任後、三京証券株式会社にて日経225先物、日本株のディーリングを行う。
現在はTrade Tools株式会社代表取締役。FX、日経225先物、株式等で国内・海外の大口投資家へ助言を行うほか、自動売買システムの企画・開発を行う。
著書に、『卓丸の1日5分から始める日経225mini』『ほったらかしでも月100万儲かるFX自動売買』(以上、かんき出版)、『株で儲けるためのNISA徹底活用術』(自由国民社)がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿